日立製作所野球部 100周年~Give me Five 新世紀

選手紹介や大会情報を更新いたします

【初戦ハイライト】1点差に追いつくも、あと1本が出ず

time 2017/07/18

【初戦ハイライト】1点差に追いつくも、あと1本が出ず

ついに初戦の日を迎えました。
1塁側スタンドは、オレンジ色で埋め尽くされました。

小川春樹日立市長が始球式を行いました。ナイスピッチング!!

そして午後2時40分試合開始です。
大声援の中、日立製作所の先発を託されたのはエース鈴木投手。

三菱重工名古屋は補強の若林投手(JR東海)。


1回表。
試合が始まるや否や、相手先頭打者・山田晃典選手が、右中間へのツーベースヒット。
3番・吉田承太選手がライト前ヒットでノーアウト満塁。
鈴木投手、いきなりピンチが訪れます。

そして、4番・補強の佐藤選手(ヤマハ)がレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースで2点を先制されてしまいます!
さらに無死二塁、三塁で、5番・中田選手(JR東海)。
レフト前へのタイムリーヒットで3点目。

さらに無死一、三塁。小柳選手のレフト前へのタイムリーヒットで1点を追加され、この回0-4とされます。

日立製作所の反撃が始まります。
2回、菅野投手の左中間を破るツーベースヒット!
しかし後が続かず、無得点におわります。

4回裏、日立製作所に、ついに得点が入ります。
3番・田中俊太選手がライトスタンドへのソロホームラン!!
しかもなんと、この本塁打は大会通算3100号!

1点を返します。

スタンドもわき上がります!

そして7回、日立製作所は2番手・梅野投手が登場です。

その裏!日立製作所の大反撃がはじまります。
大塚選手のレフトスタンドへのソロホームランで2点目!


大塚選手、笑顔!
2-4です。
2点差まで追いあげました!


ベンチも大塚選手の生還をハイタッチで迎えます。

このあと三菱重工名古屋、投手交代。
吉田慶太郎投手が登場です。

絶好調の田中俊選手。
いきなりセンター前へのタイムリーヒット!
これで3-4。
1点差に迫りました!

三菱重工名古屋はさらに投手を交代、西納投手の登場です。

一塁側スタンド、逆転を願って声援を送ります。

8回表、三菱重工名古屋も中田選手のレフトへの犠牲フライで3-5とし、点差を広げます。

9回裏、代打・藤島選手が意地のライト線へのツーベースヒットを放つも、打線が続かず試合終了。

日立製作所の1回戦突破はなりませんでした。

 

 

 

 

down

コメントする