日立製作所野球部 100周年~Give me Five 新世紀

選手紹介や大会情報を更新いたします

【監督・選手の声】初戦突破ならず

time 2017/07/18

【監督・選手の声】初戦突破ならず

日立製作所野球部、残念ながら初戦突破はなりませんでした。

和久井監督です。
「初回の4点は大きかった。相手先頭打者の、取れそうで取れなかったセンター前ヒットで、(鈴木)康平(投手)が浮き足立ってしまった。あとは甘いボールを狙われた。二回以降は立ち直ってくれたのは収穫。打線は、いいところで上位に回ってきたが、いい当たりが野手の真正面だったりと、ツキがなかった。運も実力のうちで、まだまだ力不足だ。相手先発は、若林投手も頭にはあった。あれだけの応援団が来てくれて、結果で応えたかったが・・・。すべては結果。出直します」

中園主将です。

「試合前に鈴木投手の球を受けていて、ちょっといつもの調子ではないとは感じていた。鈴木投手は都市対抗は初めての登板で、この雰囲気の中で初めて投げた。そうは言っても、注目されるなかでも結果を出していかなければならない。そこも考慮してリードしたつもりだったが、足りなかったということ。初回、相手先頭打者の二塁打のあと、ベルト付近に甘く入った球を、ことごとく仕留められていた。そこは、相手打線がさすがということ。チーム内でもっと厳しく競争し、高め合い、秋の日本選手権で出直したい」

菅野選手です。

二塁打に2四球と、しっかり出塁しました。
「相手の守備の変え方がうまく、合わせられていたので、こちらの打者がいいところに打っても抜けなかった。一発勝負の初戦、さらに初回の大切さを改めて思い知らされた」

鈴木投手です。


「今季は、先発で登板してきたので悔しい。初回に先制されてしまい、そのままずるずるといってしまった。二回以降、修正することができたのはよかった」

 

 

down

コメントする